セレンゲティの雨基金

モテンバ君が大学に進学しました(2007年9月)

プロジェクト責任者: 岩井雪乃

雨基金で支援してきたモテンバが、大学に進学しました!
入学するInstitute of Finance Management(IFM)は、タンザニアの財務省の直轄で、財務官僚を生み出す大学です。モテンバは、社会保障(Social Security)コースで3年間学びます。

photo

大学の前で。この写真を撮った直後、警備の人から怒られる
「大学から許可を取れ」。外国人の私の撮影にはウルサイ。

学費、寮費、食費、文房具代など、大学生活で必要なすべての費用:年間20万円を、モテンバの支援者の松田さんとアフリックで、半額ずつ支援することにしました。

アフリカといえど、大学ともなると教育費はかなり高額です。この20万円という金額も、決して十分ではありません。モテンバ君はもちろん食費を節約しなければなりませんし、場合によっては本代やコピー代も十分でないかもしれません。ぜひ、みなさんもご支援をお願いします。 Yahooボランティアインターネット 募金または雨基金にて受け付けています。
Yahooボランティアインターネット募金への申込みはこちら>>
雨基金への申込みはこちら>>

モテンバの大学進学が決まるまでには、幾多の困難がありました。その詳細は、「アフリカ便り」のエッセイをご覧ください。
タンザニアの大学進学術

更新日: 2008-05-08 作成者: AFRIC Africa