第66回アフリカ先生報告 (東京・神楽坂トライブス)
チャリティ★ナイト 〜食べて知るアフリカ〜
“「正しい口説き方」:カラハリ最新恋愛事情”(2012年2月14日)

丸山淳子

チャリティ★ナイトは、神楽坂のアフロフレンチダイニングのトライブスで、毎月、アフリカ料理を&ドリンクを楽しみつつ、アフリカにまつわる様々なお話を聞き、アフリカを身近に感じようという趣旨で開催されているイベントです。1オーダー500円あたり20円が、NGOのハンガー・フリー・ワールドと緑のサヘルに寄付されるチャリティイベントでもあります。

2月は、バレンタイン当日ということで、恋愛についてお話しすることになりました。アフリック・アフリカからの話題提供は、今回が3度目です。アフリカ便りにかつて掲載された「正しい口説き方」を読んでいただき、このストーリーを是非とご依頼いただきました。私がこれまで調査を続けてきた南部アフリカの狩猟採集民ブッシュマン(サン)の若者たちの最新の恋愛事情と、老人たちの語る「正しい口説き方」を中心に、この社会が直面しているさまざまな変化の波についてもお話しました。

お話が終わってからも、多くの方々が質問に来てくださり、いろいろな角度からアフリカに関心をもってらっしゃる方々と、楽しいおしゃべりの時間をもつことができました。またボツワナの牛肉料理セスワやカラハリのスイカにちなんだカクテルなど、この日限りのスペシャルメニューも堪能させてもらいました。

当日の様子は、Devexの開発ニュースや緑のサヘルのWEBでも紹介していただきました。

更新日: 2012-03-10 作成者: AFRIC Africa