岩井雪乃 (代表理事)

野生動物にあこがれてアフリカに行き始めましたが、今では人間のほうが大好きです。セレンゲティ国立公園の周辺の村で調査研究してきました。上から降ってくる自然保護政策に翻弄されながらも、たくましく柔軟に人びとは生きています。動物との「共生」を「強制」されるのではなく、人びとが主体的に選択できる社会とは?村人の生活に寄りそって見出していきたいです。青年海外協力隊(理数科教師)も経験しました。小学生2人の姉妹を抱えてワーキング・マザーとして奮闘中です。

担当しているプロジェクト
セレンゲティ人と動物プロジェクト

担当したアフリカ先生の授業報告
第56回アフリカ先生(京都府国際センター)
第28回アフリカ先生(法政大学人間環境学部)
第25回アフリカ先生(神奈川学園高校)
第24回アフリカ先生(東京東村山市)
第11回アフリカ先生(NGO キ・アフリカ)
第9回アフリカ先生(Tunapenda Africa)

執筆したエッセイ
敵は誰だ?
自分で産めるよ
足を向けて寝る
エドワードの就職奮闘記
美人の条件
ドライな夫婦関係、濃密な母子関係
「おいしそう」な動物たち
スタディツアーのすすめ—フィールドワーカーのみなさんへ
アフリカの大学生の生活

著作
J-GLOBAL 岩井雪乃

関連ホームページ
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(助教)
WAVOCエコミュニティ・タンザニア・プロジェクト「涙と笑いのパジェロ寄贈奮闘記」配信中!
アフリカ日本協議会(理事)
アルディナウペポ 東アフリカの子どもを救う会(運営委員)