藤本麻里子 (理事)

野生動物に憧れた幼少時代、その後ニホンザルの研究からやがて野生チンパンジーの研究へ。チンパンジーの研究で訪れたタンザニア。もちろんチンパンジーやその他野生動物の魅力は想像通り、いや想像以上。でも今では、訪れて初めて知ったタンザニアの人々の陽気さや助け合い精神、持続可能なライフスタイルなど、人々の魅力にとりつかれています。これからも、野生動物にも、そして人々にも関心を持ちながらタンザニアとつながっていけたらなぁと思っています。

関わった活動
エッセイ集「アフリカで育つ」企画編集
エッセイ集「アフリカで育つ」発行記念交流会

担当したアフリカ先生の授業報告
第27回アフリカ先生 (京都府国際センター)
第29回アフリカ先生(兵庫県立西宮今津高校)
第38回アフリカ先生(兵庫県立西宮今津高校)
第45回アフリカ先生(同志社中学校かるちゃんぷる部)
第49回アフリカ先生(京都外国語大学のユネスコ週間)
第55回アフリカ先生(兵庫県立西宮今津高校)
第57回アフリカ先生(同志社中学校かるちゃんぷる部)
第63回アフリカ先生(兵庫県立西宮今津高校)

執筆したエッセイ
チンパンジーに殴られた!
たかがダガーされどダガー
小さな騙し合いから生まれる笑顔
アフリカの人は目がいい
医者はなくとも子は生まれる
ミヤンビリの娯楽
ヒトもトリも自給自足
話せるからって書けないし、書けるからって話せない?!
船の上で夜通しおしゃべり
あのお婆さんは邪術師だから、もう会いに行ってはいけない
トタンを買いたいんだけど・・・

おすすめアフリカ本・映画
『タンザニア民話とティンガティンガ−虹の七色どこからきたの?』 アブダル A. ムクーラ=絵 宇野みどり=文
映画『名もなきアフリカの地で』