・!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">" 日本での活動 | アフリック・アフリカ

『アルカイダから古書を守った図書館員』ジョシュア・ハマー=著・梶山あゆみ=訳

紹介:池邉智基

本書の舞台は、西アフリカ・マリ共和国のトンブクトゥである。かつて、金や岩塩、奴隷などの交易拠点であっただけでなく、イスラーム文化の一大拠点として、16世紀には100以上のクルアーン学校やモスクが建てられた学術都市として発展した地でもある。10世紀頃にはすでに西アフリカに到達していたイスラーム文化は、交易民を通じて徐々に広がり、それぞれの地域に受容されてきた。無文字社会として紹介されることの多いアフリカであるが、豊富に存在する口承文化に引けをとらないほどに、さまざまな文字資料の流通もあった。トンブクトゥはそのような文書の流通と学習の拠点でもあった。
トンブクトゥの栄華の裏には受難の時代も同時にあった。ソンガイ王国などの政治勢力によって活動が制限されたり、文書が略奪されたりといった歴史もある。その歴史の中にはフランスの植民地支配もある。昨今フランスへの返還要求が行われている彫像などと同様に、旅行者や研究者によって収奪され、散逸してしまった文書は多数存在したのである。
フランスからの独立を経た1973年、ユネスコらの支援を受けてトンブクトゥに設立された「アフマド・ババ高等教育・イスラム研究所」を拠点として、トンブクトゥは新たな学術都市としての再建を図ろうとしてきた。西アフリカの歴史として文書をアーカイブ化し、保存、管理するための施設が作られた。そこに務める図書館員アブデル・カデル・ハイダラは、西アフリカのサヘル地域に広く残っている古文書を収集、保管する仕事を続けてきた。
21世紀になり、トンブクトゥはアルカイダ系のテロ組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」によって制圧され、再び受難の時代へと突入してしまう。AQIMの組織は"イスラム警察"を名乗る集団を町に派遣し、そのために町の人びとは多くの辛酸をなめた。彼らは謂れなき罪を咎められ、あるものは鞭で打たれたり、あるものは礫を死ぬまで投げられたりと、"警察"の横暴はひどいものだった。サッカーも音楽も禁止、携帯の着信音はクルアーンの朗唱のみ、女性は肌を露出しないようにブルカ(目元を除く身体をすべて覆うヴェール)を着用するよう指示された。すべて「神によって悪しきものとされている」という言葉によって抑圧されてきた。テロ組織の襲撃を受けたマリ北部の経済も衰えていき、町から逃げ出す人びとも増え、トンブクトゥを取り巻く状況は大きく変化していった。

図書館員のハイダラは、研究所に保管されてきた大量の文書を守るため、トンブクトゥからニジェール川を遡った遥か1,000キロ先の、首都バマコへと移送させることにする。文書を守らなくてはいけない理由は、トンブクトゥに保存された古文書には人間的な喜びについての記述が溢れているからである。論理学や占星術のみならず、現代では「オカルト的」に見える医学書、恋愛を至上のものとして謳い上げた詩、さらには肉欲や世俗の快楽をも肯定し、神のみならず人間にも美しきものを生む力があることをありありと伝えるものがたくさん描かれているからである。ハイダラら図書館員にとっては、イスラームの教義からの「逸脱」と捉えられかねない文章であったとしても、それらの文書にはたしかな芸術と科学に彩られたイスラーム文化があり、西アフリカの歴史なのである。決してどの本も、"警察"の語る"イスラム法"に従って処分されてはいけないと考えていた。とはいえ、これらの文書は原理主義的な組織の目指す"純粋なイスラム社会"においては、唾棄すべきものであり、放っておけば"警察"たちに処分されてしまうことは目に見えて明らかだった。 そんな"イスラム警察"の厳しい監視を受けた状況で、ハイダラの古文書移送作戦は開始される。

筆者のジョシュア・ハマーはジャーナリストであり、本書でトンブクトゥの歴史やテロ組織の動向、マリ国内の民族運動についても詳細に記述している。さらにはハイダラを始めとしたトンブクトゥの図書館員や町ではたらく人びとへのインタビュー、そしていくつもの記事を参照しながら、古文書のために奔走したハイダラを主人公に一冊にまとめあげたのが本書である。
文字と歴史、芸術と科学が花開いたトンブクトゥ、そして、宗教的な信条の違いから暴力に耐え苦しんできたトンブクトゥ、そうしたコインの裏表のような町の姿がこの本に描き出されている。かつて「歴史を持たない」と言われてきたアフリカにも、多様な文化と歴史が、文書と共にたしかに存在してきたのである。この本を手にとった方に、現代の西アフリカが抱えてしまった苦悩を想いつつも、ロマンに満ち溢れたトンブクトゥの雄大な歴史を楽しんでいただけたらと思う。

書誌情報

単行本: 349ページ
出版社: 紀伊國屋書店(2017年)
定価:2100円(+税)
ISBN-13:978-4314011388

更新日: 2018-11-25, 作成者: AFRIC Africa