『メディアのフィールドワーク:アフリカとケータイの未来』 羽渕一代・内藤直樹・岩佐光広=編著

紹介:丸山淳子

幼い甥っ子を抱き上げて、私に近寄ってきたコモチョは、ちょっと見ないうちにずいぶんおねえさんらしくなった。町で買ってきたばかりの短いスカートも、よく似合っている。でも、私にまとわりつきながら見せる笑顔は、変わらずあどけないまま。そりゃ、そうだ。あのころから、実際のところ、まだ数年しか経っていない。

数年前、私はアフリカ便りに「見えないけど、一緒にいる:カラハリケータイ談義」というエッセイを書いた。あのころ、コモチョはおもちゃのケータイで遊んでいたけれど、ブッシュマンのためにカラハリ砂漠のはずれにつくられた、この定住地には、まだ電波は届いていなかった。そのエッセイの最後に私は、こんなことを書いた。

「アフリカ中を席巻しているケータイが、この定住地で使われるようになるのと、コモチョ達がオトナになるのと、どっちが先だろうか。彼女と日本にいる私とが、「見えないけど、一緒にいる」関係をもつ(つまりケータイを使う)日もたぶんそんなに先のことではないはずだ。」

あのとき、私は「そんなに先のことではない」と書きながらも、それでも10年以上はかかるような気がしていた。ところが、そんな浅はかな予測よりも、現実はもっと早いスピードで動いていた。わずか数年のうちに、日本にいる私のケータイにも、カラハリからの着信があるようになった。狩猟採集生活を続けてきたブッシュマンのあいだにも、ケータイが瞬く間に広がったのである。

近年になってケータイが日常風景に溶け込むようになったのは、カラハリだけの話ではない。アフリカ各地で、若者も女性も、乾燥地の牧畜民も熱帯雨林の狩猟採集民も、紛争のさなかでも、難民になっても、みなケータイを片手に、さまざまなつながりを紡ぎだすようになった。そんなケータイ普及の渦中で、彼らはどんなふうにこの新しいメディアを使い、そのことで彼らの生活はどのように変化しつつあるのだろうか。その様相を、徹底的に具体的に論じているのが、本書「メディアのフィールドワーク:アフリカとケータイの未来」である。

本書がとりあげるのは、アフリカのケータイ普及状況や利用についての網羅的な全体像ではないし、ケータイを使った経済的な成功例や画期的な問題解決の方法だけでもない。それぞれの地域でフィールドワークを続けてきた調査者たちが描き出すのは、ケータイがもたらした、ともすれば見過ごされそうな微細な変化であったり、その効果がまだはっきりとは見通せない、ケータイ受容の試行錯誤のプロセスであったりする。しかしそれこそが、ケータイという新しいメディアが加わったばかりのアフリカの日常生活のリアリティと、アフリカの人びとが培ってきたネットワークが改めて切り結ばれる現場の息遣いを伝える。アフリカ各地の「同時多発的」なケータイ普及の過程には、アフリカのそれぞれの地域の歴史と現在がもつ多様性と、アフリカ全体が直面しているグローバル化の大きなインパクトの双方が、鮮やかに映し出されるのである。

「ケータイも使いつつ、一方でトビウサギとのコミュニケーションも続けるような、そんな未来はあり得るだろうか」と、私はかつてアフリカ便りに書いた。ケータイが使われるようになった今、コモチョの暮らす定住地のブッシュマンは、どんなおしゃべりをしているのだろうか。そのおしゃべりに耳をかたむけ、彼らの生活の変化の行く先と、そして「アフリカとケータイの未来」を望みたい方には、本書をぜひ手に取っていただきたい。

目次

●アフリックのメンバーが執筆を担当した章
コラム2,4(大門碧)、第4章(成澤徳子)、コラム5(石本雄大)、第6章(松浦直毅)、コラム9(村尾るみこ)、第10章(丸山淳子)

基本情報

出版社:北樹出版
定価:2,200円+税
発行:2012年 9月
A5判/204頁
ISBN978-4-7793-0348-7

更新日: 2012-12-10, 作成者: AFRIC Africa